参画団体(2014年6月5日現在)

   団体名

事業内容

特定非営利活動法人
あぶくまエヌエスネット 

県南に位置する高原の里・鮫川村を活動拠点にしています。

「土・自然から学び共に生きよう」がテーマで、

子どもの笑顔と元気を応援し、生き抜く力を共同生活から

学び得るようにサポートしています。

特定非営利活動法人
いいざかサポーターズクラブ

比較的放射線量の低い飯坂町茂庭地区で、

子どもが自由に責任をもって遊ぶことを

モットーとした冒険あそび場を運営するほか、

カヤック体験やキャンプ、ランニング講習会など、

身近な自然で外遊びをする楽しさを地域に広げる活動を

続けています。

特定非営利活動法人
いわきの森に親しむ会 

1.市民の森づくり

2.森との付き合い方の勉強・プログラム

3.自然案内人の育成ならびにインタープリテーション

4.森林や林業に関する啓蒙

5.森に関する各種情報の受発信

6.湯ノ岳山荘の管理運営その他

特定非営利活動法人
エイ・アール・エス

会津高原とその周辺を訪れる人々に、

自然を利用したスポーツを通じて、

肉体や精神の鍛錬、自然の雄大さや楽しさ怖さを、

また自然の大切さや、歴史、雪国ならではの文化を学んで頂く

体験等を行っています。

特定非営利活動法人
こどもの森ネットワーク

幼児期の自然体験を福島県内で普及させるため、

「森のようちえん」を中心に、幼児が自然のなかで

ノビノビと遊べるプログラムを実施。震災後は、

保育園・幼稚園児が、線量の低い場所で外遊びするための

支援を強化している。

特定非営利活動法人
寺子屋方丈舎

寺子屋方丈舎の環境教育事業では、

団体ミッション「子どもの社会参画」を軸に、

子どもが認められながら自分自身の「けんり」を自覚し、

自分で自分のことを決める体験を繰り返しながら

成長することを支援します。

ホールアース自然学校
福島校

日本で最初の自然学校。2012年秋、

いわき市と郡山市湖南を中心に、

継続的な活動のため福島校を開校。

言葉では表現できない“実体験”を通じて、

大人も子どもも本気で遊んで、感じて、笑い、

学びあえる時間と空間のお手伝いをしていきます。

特定非営利活動法人
森の遊学舎

こめらの森・南会津 http://r.goope.jp/minamiaizu 

妊婦~高校生&家族が対象の「保養キャンプ」

(春・夏・冬休み+土日イベント)、

各種団体(幼・保・小中高・クラブ活動・グループなど)

での保養相談&支援、奥会津や南会津地域の保養先紹介など

特定非営利活動法人

りょうぜん里山がっこう

参加する県北地域の子どもたちの体験活動をとうした

心身の発達に寄与することを目指しています。